投稿日:

初めての車買い取りで失敗しない!ディーラーに下取り依頼をする前に

4

車を新しく買うときには、今乗っている車を売りに出すことになります。
初めて車を買い替える時などは下取りに出す行為も初めてでしょう。
ディーラーに言われるがまま車を下取りに出すと思っていた以上に低い金額を提示されがかりしてしまうかもしれません。
賢く下取りに出しましょう。

ディーラーに金額を聞いて

下取りをしてほしい車がある場合、まずは車を購入予定のディーラーに最低金額を聞きましょう。
ディーラー側は新車を購入してほしいために下取り金額に色をつけてくる場合もあります。
新車を購入するからもう少し下取り金額を高くしてほしいと交渉することもできるでしょう。
新車を売りたいと思っているディーラー側は多少の無理なら聞いてくれる可能性もあります。
あまり無理難題を押し付けるとディーラー側も困ってしまいますし、嫌な客だと思われてしまいますので交渉はほどほどにすべきです。

下取りをしてくれる業者は他にも

ディーラーだけが車を買い取ってくれるわけではありません。
ディーラーで車を買うが、以前に負っていた車は別の業者に下取りを依頼しても全くかまいません。
少しでも下取り車を高く買い取ってもらえると新車費用の足しになりますから、下取り依頼は複数社に依頼しましょう。
一番高く査定金額をつけてくれたところと取引をする必要はありません。
対応が良いが少し金額が物足りないという業者があれば、別の業者はこの金額を提示してくれたので、お宅ももう少し頑張ってほしいと言って交渉すればいいのです。
提示された金額が決定ではないのです。金額を上げるには交渉次第です。

査定で必要な書類

査定を受ける際には必要になってくる書類があります。
「車検証」と「自賠責保険証明書」です。
忘れずに準備しておきましょう。
多くの人がこれらの書類は車のダッシュボードの中に常に入れたままにしているはずです。
もし書類がなければいざ査定という時に困ってしまいますから、書類があるかないかを確認しておきましょう。
初めて車を買い取ってもらう場合、初めてのことだらけで戸惑ってしまうでしょう。
自分の車を少しでも高く買い取ってもらうためには金額に妥協しないこと。
業者も、はじめは少し低めに提示してくる場合もあるので、もう少し金額をアップしないと売れないと交渉し、高値を付けてもらいましょう。
横柄な態度をとる必要はありませんが、下手に出ることもないのです。堂々とした態度で挑みましょう。