投稿日:

事故車を廃車にする前に!査定依頼で売却を考えよう!

8

事故に合うとその車は売れない、廃車にするしか方法はないと言う考え方は一昔前の考え方です。
今は事故をした車でも廃車にする前に売れるかどうか査定をしてもらいましょう。
車自体が売れなくてもそのパーツに価値があり、高値で買い取ってくれる場合があるのです。
廃車にする前にまずは査定からです!

廃車寸前の車の価値は

事故をした車には価値がないと諦めないでください。
廃車寸前であっても海外に持って行けば価値がある場合もあります。
廃車寸前の車でも査定である程度の値段がつく可能性があるのです。まずは諦めずに車を査定に出しましょう。

事故車も中古車市場に出回っている

中古車市場では事故車が当然にように出回っています。
事故をした車でもきちんと修復できていれば「修復歴有」と表示されてます。
これは事故を起こしたが修理をした車であることを意味しています。
事故車というのはフレーム部分を損傷した車のことを指しています。ミラーであったり、フェンダー部分、バンパー、ドアなどが損傷してもそれは事故車扱いにはなりません。
事故車と言われて中古車市場に出回っているのはフレームを損傷した事故を起こした車だけであると認識しておいてください。
逆を言うと、バンパーやドア部分だけの事故であれば修復している場合、事故車扱いにはなりません。
車の走行機能に影響を与えない個所なので事故車扱いにはならないのです。

ぐちゃぐちゃの状態の車でも

事故を起こし、車の形が原形をとどめていないようなぐちゃぐちゃな状態でも廃車にせず、まずは査定を依頼しましょう。
廃車にするとあなたの懐には1円も入ってきません。
まずは査定からです。
ぐちゃぐちゃ状態の車を修理して乗ることはできませんが、このような車の場合は部品に価値があることがあるのです。
海外では相変わらず日本車人気が高いです。
海外の人は、日本の人のように壊れたからすぐに買い替えることはせず、何度も修理を繰り返し本当に動かなくなるまで乗りつぶす人が多くいます。
そのため自動車の部品が高値で取引をされているのです。
特に人気の車種になれば廃車同然のぐちゃぐちゃの車でも部品が使えれば、思った以上の高値で引き取ってくれます。
日本国内で流通できない車で合っても海外では需要が高いことがあります。廃車同然であっても諦めずにまずは査定を依頼しましょう。

投稿日:

車の査定金額を少しでも上げたい!査定前にすべきこと

7

車を売ることになって査定をしてもらう前には色々と準備をしてから取り掛かりましょう。
車の状態を綺麗にしてから査定をしてもらえば思っていた以上の金額を提示してもらえます。
査定すれば車の状態は分かるでしょ!と構えて何にも対策を取らずにいる知御低い査定額に困惑してしまうかもしれません。
査定前にすべきことを紹介します。

洗車できれいに!

まずは車を査定する前には車を綺麗に掃除しましょう。
車のボディだけではありません。トランクの中、車内、シート、シートの下、マット、マットの下など、普段隠れている部分にも結構ごみや汚れがありますから徹底的に綺麗にして査定を迎えましょう。
トランクの中がラン雑な人は結構います。
査定では車の隅から隅まで見ます。
もちろんトランクの中も見られますから、綺麗に整理整頓をしておきましょう。
物を多く置いているのであれば、取り除いておきましょう。
綺麗に掃除をしている車を見れば、業者側にも大切に乗ってきたということが伝わります。
査定前にはまずは洗車で綺麗にすることを忘れずに。

整備記録簿や保証書を準備

整備記録簿は今までどのような検査を受けてきたのかが記されています。
メーカー保証を受けるための保証書などちゃんと揃っているかを確認していきましょう。
これらの書類があるのとないのとでは、中古車市場に出たときの価値が変わりますから、結果的に査定金額にも影響を及ぼします。
書類がそろっていれば中古車市場でも売りやすいので高額な査定になりやすいのです。

事故を隠さない

車に乗っていると事故に合ってしまうこと、自分が事故を起こしてしまうこともあるでしょう。
事故にあったのに隠しているとばれたときに大変です。
査定額に影響するから出来ることなら隠したいと思うかもしれませんが、業者側はプロです。
事故を隠しても見破られてしまいます。
嘘がばれるのは印象的によくありません、隠すことなく事前に伝えましょう。

純正品を用意

車の装備品を純正品から社外品に替えている場合には、純正品を用意しておきましょう。
純製品のあるなしでも査定額が変わってきます。
車を購入し、車内の整備品を社外品に帰るときには取り外した純正品は大切に保管しておくことが必要です。
車を高価買い取り査定してもらうためにはいくつかのコツがあります。
たいして労力がかかることではないので、自分の愛車の価値を下げないように、車を一番良い状態にしてから査定をしてもらいましょう。

投稿日:

中古車査定のポイントチェック!同じ車種でも査定額は異なる!

5

ディーラーで車を下取りしてもらい思ったよりも低金額を提示されたと言う人は多いようです。
中古車販売店ではいつでも中古車の査定を行っています。
ディーラーで車の買い取り金額を見てもらうだけでなく他の業者にも見積もりを依頼しましょう。

走行距離が長いと

年数が短い車だから高い査定がつくと思っていませんか?
新車を購入後、次の車検が来る前に売ってしまえば高い査定がつく可能性も高いですが、走行距離があまりにも多いと思うような査定が苦にならないこともあります。
普通車の場合、通常の走行距離は1年間で1万キロ前後だと考えられています。
そのため、年間で1万キロを大きく超えている場合はあまり高い査定額は期待できないでしょう。
同じ車種で同じ時期に購入した車と比べて査定額は低くなります。
ただ、年数は経過しているのにあまりにも走行距離が少ない場合も考え物です。
車は機械ですからある程度動かしておかなければ具合が悪くなってしまいます。
年数に応じた走行距離であることが査定額のアップにつながります。
 

車の色も要チェック

車の色で査定額は変わります。
万人に好まれるような白や黒は需要もありますので査定に影響はありません。
奇抜な色やあまり人が選択しないような特殊な色の場合には、査定額が低くなってしまいます。
時代によっても好まれる車の色は変わりますが、中古車として売る場合を考えれば新車のとき、白や黒のボディカラーを選んでいると間違いはないでしょう。

新車発売前に売る

新車を購入し、車検前に売るのであれば次の新車が出る前に売るのが査定額をアップさせるコツです。
やはり新車が出ればそちらのほうが魅力的に映ります。
特にフルモデルチェンジともなれば旧モデルは新車販売前に一気に中古車市場に出回りますから査定金額も大幅に下がってしまいます。
もっと査定額が上がったはずなのにと、後悔してももう遅いのです。気をつけましょう。
査定金額をアップさせるために色々なコツを駆使しても、その金額が提示されてから1ヵ月後に売ろうとしても、以前と同じような金額は提示してくれないでしょう。
査定金額は日々変化します。
これだと思う金額が出たので、損をしないためにも早めに手続きをして車を下取りに出しましょう。