投稿日:

事故車を廃車にする前に!査定依頼で売却を考えよう!

8

事故に合うとその車は売れない、廃車にするしか方法はないと言う考え方は一昔前の考え方です。
今は事故をした車でも廃車にする前に売れるかどうか査定をしてもらいましょう。
車自体が売れなくてもそのパーツに価値があり、高値で買い取ってくれる場合があるのです。
廃車にする前にまずは査定からです!

廃車寸前の車の価値は

事故をした車には価値がないと諦めないでください。
廃車寸前であっても海外に持って行けば価値がある場合もあります。
廃車寸前の車でも査定である程度の値段がつく可能性があるのです。まずは諦めずに車を査定に出しましょう。

事故車も中古車市場に出回っている

中古車市場では事故車が当然にように出回っています。
事故をした車でもきちんと修復できていれば「修復歴有」と表示されてます。
これは事故を起こしたが修理をした車であることを意味しています。
事故車というのはフレーム部分を損傷した車のことを指しています。ミラーであったり、フェンダー部分、バンパー、ドアなどが損傷してもそれは事故車扱いにはなりません。
事故車と言われて中古車市場に出回っているのはフレームを損傷した事故を起こした車だけであると認識しておいてください。
逆を言うと、バンパーやドア部分だけの事故であれば修復している場合、事故車扱いにはなりません。
車の走行機能に影響を与えない個所なので事故車扱いにはならないのです。

ぐちゃぐちゃの状態の車でも

事故を起こし、車の形が原形をとどめていないようなぐちゃぐちゃな状態でも廃車にせず、まずは査定を依頼しましょう。
廃車にするとあなたの懐には1円も入ってきません。
まずは査定からです。
ぐちゃぐちゃ状態の車を修理して乗ることはできませんが、このような車の場合は部品に価値があることがあるのです。
海外では相変わらず日本車人気が高いです。
海外の人は、日本の人のように壊れたからすぐに買い替えることはせず、何度も修理を繰り返し本当に動かなくなるまで乗りつぶす人が多くいます。
そのため自動車の部品が高値で取引をされているのです。
特に人気の車種になれば廃車同然のぐちゃぐちゃの車でも部品が使えれば、思った以上の高値で引き取ってくれます。
日本国内で流通できない車で合っても海外では需要が高いことがあります。廃車同然であっても諦めずにまずは査定を依頼しましょう。