投稿日:

車の査定金額を少しでも上げたい!査定前にすべきこと

7

車を売ることになって査定をしてもらう前には色々と準備をしてから取り掛かりましょう。
車の状態を綺麗にしてから査定をしてもらえば思っていた以上の金額を提示してもらえます。
査定すれば車の状態は分かるでしょ!と構えて何にも対策を取らずにいる知御低い査定額に困惑してしまうかもしれません。
査定前にすべきことを紹介します。

洗車できれいに!

まずは車を査定する前には車を綺麗に掃除しましょう。
車のボディだけではありません。トランクの中、車内、シート、シートの下、マット、マットの下など、普段隠れている部分にも結構ごみや汚れがありますから徹底的に綺麗にして査定を迎えましょう。
トランクの中がラン雑な人は結構います。
査定では車の隅から隅まで見ます。
もちろんトランクの中も見られますから、綺麗に整理整頓をしておきましょう。
物を多く置いているのであれば、取り除いておきましょう。
綺麗に掃除をしている車を見れば、業者側にも大切に乗ってきたということが伝わります。
査定前にはまずは洗車で綺麗にすることを忘れずに。

整備記録簿や保証書を準備

整備記録簿は今までどのような検査を受けてきたのかが記されています。
メーカー保証を受けるための保証書などちゃんと揃っているかを確認していきましょう。
これらの書類があるのとないのとでは、中古車市場に出たときの価値が変わりますから、結果的に査定金額にも影響を及ぼします。
書類がそろっていれば中古車市場でも売りやすいので高額な査定になりやすいのです。

事故を隠さない

車に乗っていると事故に合ってしまうこと、自分が事故を起こしてしまうこともあるでしょう。
事故にあったのに隠しているとばれたときに大変です。
査定額に影響するから出来ることなら隠したいと思うかもしれませんが、業者側はプロです。
事故を隠しても見破られてしまいます。
嘘がばれるのは印象的によくありません、隠すことなく事前に伝えましょう。

純正品を用意

車の装備品を純正品から社外品に替えている場合には、純正品を用意しておきましょう。
純製品のあるなしでも査定額が変わってきます。
車を購入し、車内の整備品を社外品に帰るときには取り外した純正品は大切に保管しておくことが必要です。
車を高価買い取り査定してもらうためにはいくつかのコツがあります。
たいして労力がかかることではないので、自分の愛車の価値を下げないように、車を一番良い状態にしてから査定をしてもらいましょう。