投稿日:

中古車査定のポイントチェック!同じ車種でも査定額は異なる!

5

ディーラーで車を下取りしてもらい思ったよりも低金額を提示されたと言う人は多いようです。
中古車販売店ではいつでも中古車の査定を行っています。
ディーラーで車の買い取り金額を見てもらうだけでなく他の業者にも見積もりを依頼しましょう。

走行距離が長いと

年数が短い車だから高い査定がつくと思っていませんか?
新車を購入後、次の車検が来る前に売ってしまえば高い査定がつく可能性も高いですが、走行距離があまりにも多いと思うような査定が苦にならないこともあります。
普通車の場合、通常の走行距離は1年間で1万キロ前後だと考えられています。
そのため、年間で1万キロを大きく超えている場合はあまり高い査定額は期待できないでしょう。
同じ車種で同じ時期に購入した車と比べて査定額は低くなります。
ただ、年数は経過しているのにあまりにも走行距離が少ない場合も考え物です。
車は機械ですからある程度動かしておかなければ具合が悪くなってしまいます。
年数に応じた走行距離であることが査定額のアップにつながります。
 

車の色も要チェック

車の色で査定額は変わります。
万人に好まれるような白や黒は需要もありますので査定に影響はありません。
奇抜な色やあまり人が選択しないような特殊な色の場合には、査定額が低くなってしまいます。
時代によっても好まれる車の色は変わりますが、中古車として売る場合を考えれば新車のとき、白や黒のボディカラーを選んでいると間違いはないでしょう。

新車発売前に売る

新車を購入し、車検前に売るのであれば次の新車が出る前に売るのが査定額をアップさせるコツです。
やはり新車が出ればそちらのほうが魅力的に映ります。
特にフルモデルチェンジともなれば旧モデルは新車販売前に一気に中古車市場に出回りますから査定金額も大幅に下がってしまいます。
もっと査定額が上がったはずなのにと、後悔してももう遅いのです。気をつけましょう。
査定金額をアップさせるために色々なコツを駆使しても、その金額が提示されてから1ヵ月後に売ろうとしても、以前と同じような金額は提示してくれないでしょう。
査定金額は日々変化します。
これだと思う金額が出たので、損をしないためにも早めに手続きをして車を下取りに出しましょう。